第94週 年末年始特集5

年越のそば振舞われ願忘れ


名月や灯(ともしび)一つ消し忘れ


薪能去年(こぞ)の未練を荼毘に付す


除夜の鐘未練と共に余韻引き

除夜の鐘一つ撞きごとに月満ちる


大晦日父母ありし位を我が占め


月満ちて一人紅白耐えられず


来し方をメールに託し年の暮


暮の喪や精進落しの酔い加減


つづく日を区切り昇れり初日の出


大晦日逃げても越えても年を取り


降り立ちていずこの街や餅振る舞い