第132週

屈辱の傷えぐりたり茜雲

茜雲誰ぞの血染むや秋の暮


すぐそばに薫る花あり手折られず


きらめきて星と化するや赤とんぼ