第135週

クルス立つ秋日の奥や誰ぞ死にて


我が夢を高みに据えて秋に入り


年の瀬や時の流れに一人去り


すれちがう雲の高さや鳥の位置