第243週

香り立つ気品と共に秋の門


雨見傘恋するために空けており


残り香を月に託して君去りぬ


忍び足泥棒猫の冬仕度


押しつまるほどに遠のく郷里かな