第30週 飛騨特集3

異邦人(エトランジェ)ばかりなりけり古都の秋


社まで秋陽に燃ゆる二人連れ


秋の陽に社燃えたり忍び連れ


長橋を渡る人なし秋の暮


年の瀬やため息潜(くぐ)る大鳥居


客去りて暖簾を揺らす秋の風