第70週

流氷や小さき渦に終りけり


明月や螢用なく死に絶えり


一輪の花なればこそ殺意燃ゆ


夕映えの一筆書きや夏の創


ぼんぼりの浮き立つ如く色魔待つ