第354週 松山特集20

ぬくもりの宿の鍵まで連れ添うて

(註 宿のキイを返し忘れて)


結願(けちがん)の蕎麦をすすりて杖を捨て


さりげなく時雨の奥の街あかり