第91週 年末年始特集2

満ち足りて独りの月や寝正月


霧立つや去年を拒む朝があり


それぞれの闇をかかえて遍路鈴

人生も遍路も途上鈴が鳴る


遍路道鈴のみ聞こゆ日暮かな

まぼろしの遍路とあれば海に立ち


鈴を振り遍路別れて宿を乞う


魂の位置の明かりやクリスマス


除夜の位置篝(かがり)の側の不動像